コンテンツにスキップするには Enter キーを押してください

地元で奇跡的に見つかった保育士の求人情報

Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
[`tweetmeme` not found]
[`grow` not found]

私は保育士になることが長年の夢でした。その保育士になる夢がこの4月に実現したのです。大学時代、保育士の求人情報を探していたのですが、そしたら地元で保育士の求人情報が見つかりました。地元といっても実家からは1時間以上かかる距離だったのですが、それでも地元で保育士の求人情報を探して見つかったことは地元は保育士の就職先がないに等しかったのでそんな状況だったので見つかったのが嬉しいという一言しなかったのでした。

そして応募して面接を受けたのですが、なんと採用されたので晴れて保育士になることができたのです。ただ、自分が保育士になるということが信じられないことのように思えてきて本当に保育士として通用することができるのかが疑問だったのです。経験が大切なのでとにかくめげずに頑張っていくことしかないのですが、自分自身が保育士になっている姿が想像できないものだったので保育士として子供やそして保護者に信頼されるかも不安でした。

いい保育士になろうなどと思わなくてもいいことだというのもわかるのですが、保育士になったらやはり先生同士でも仲良くしていくべきだと思ったし、そして子供やそして保護者に信頼されているいい先生になりたかったのです。ピアノは得意だったのですが、もっと上手になろうと子供たちにピアノの上手な先生の方が一緒におう遊戯をしていて楽しいはずなので歌の練習も何もかも頑張りたかったので手を抜かずに一生懸命練習していたのです。